GeOAPとは

機能紹介

  • アドレスマッチング機能
  • 経路検索機能
  • 地図表示機能
  • その他、目標物(ランドマーク)検索機能、各種集計機能等

アドレスマッチング機能(住所~緯度経度変換機能)

アドレスマッチング機能(住所~緯度経度変換機能)

GeOAPでは、長年培った住所文字列解析のノウハウにより、様々な形式で入力された住所文字列を高精度で解析し、号レベルの位置を特定するアドレスマッチング機能(ジオコーディング機能)を実装しています。

例えば、入力された住所の丁目、番地、号の入力様式の揺れや、「大字」、「字」の有無、間違い易い漢字等を正規化(名寄せ)して認識するほか、GeOAPの住所データベースに存在しない住所が入力された場合でも、数値的に近い位置に近似して結果を返すことができます。

GeOAPでの住所認識例
入力住所 GeOAPで認識した住所 説明
大田区蒲田三丁目7番1号ニッセイアロマスクエア4階 大田区蒲田3-7-1 丁目、番、号の入力様式の揺れを吸収
新宿区四ツ谷(誤) 新宿区四谷(正) 入力住所の誤りを修正
鎌倉市七里ヶ浜(誤) 鎌倉市七里ガ浜(正) 「ヶ」と「ガ」の間違いを修正
岩手県釡石市(誤) 岩手県釜石市(正) 「釜」の字の間違いを修正
東京都港区海岸1-5-12 東京都港区海岸1-5-20 認識可能な住所に近似

アドレスマッチング機能は、GeOAPの各種APIにおいて入力住所の位置を特定する重要な機能ですが、
EXCELでの一括処理や、Webページに配置した住所検索欄・住所リスト選択欄等で、
REST版のアドレスマッチング機能だけをご利用いただくケースもございます。

製品に関するお問い合わせ・無料トライアルはこちら

東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社
パイプライン本部 マッピング技術部
マッピング営業技術グループ
GeOAP担当
  • 03-5480-6818
  • 平日9:00~17:30 ※祝日、当社休業日を除く